PLAMO-Blog(ぷらも ぶろぐ~ガンプラ製作を中心に~)

趣味の模型製作の記録です。「誰でもできる!簡単フィニッシュ」でのガンプラ製作の記録やレビューをはじめ、リペア(修復)の記録も紹介しています。

Twitterで呟いてます♪

【RG ユニコーンガンダム ガンプラ製作記 <6>】胴体フレームの組み立て(注意点あり!)

下半身フレームが出来上がってきましたので、胴体部分の製作に入ります。
アドバンスドMSジョイントである程度組み込んでありますが、サイコフレームの展開ギミックがあるため組み込みポイントは割と多めです。
組み込みジョイント部分はかなり渋いので、切り出した状態である程度ならしておく必要があります。
RGユニコーン、そして、バンシィノルンにも同じことが言えますね。
この慣らしが甘くて、この後肩パーツを破損していまいました。。。

胸のサイコフレームです。

サイコフレームのせり出し機構のため、はめ込みが複雑です。
ただ、ここのせり出しは良く出来ていて、しっかり動きます。
小さいMGという表現がぴったりかも(^^)

組み立て方も割と複雑。

フレームの首元を一旦起こして。。

肩と胸のサイコフレーム用のジョイントを取り付けます。

ここはかっちりはまります。
起こした首元を戻します。

この三軸パーツで肩のせり出し、胸のサイコフレームの展開が行われます。
負荷が結構かかる部分なのですが、それ以上に肩の回転軸が硬いため、しつこいくらい肩回転軸の慣らしを行なってください。
私も十分にやったつもりでしたが、仕上げ前のポーズチェックの時にこのパーツが割れました。。。
肩製作の記事のところでもシツコク語ろうと思います。

胸のサイコフレームのを取り付けて胴体部分は一旦完了です。

この時点でもサイコフレームの色合いがまだしっくりきて無いですね。。
クリアパーツの裏側を蓄光パウダーを混ぜたスーパーステンレスで塗っていますが、なんだかなーって感じでした。。。

アマゾン

RG 機動戦士ガンダムUC ユニコーンガンダム 1/144スケール 色分け済みプラモデル

RG 機動戦士ガンダムUC ユニコーンガンダム 1/144スケール 色分け済みプラモデル