読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

PLAMO-Blog(ぷらも ぶろぐ~ガンプラ製作を中心に~)

趣味の模型製作の記録です。「誰でもできる!簡単フィニッシュ」でのガンプラ製作の記録やレビューをはじめ、リペア(修復)の記録も紹介しています。

【HGIBO バルバトス・ルプス、ルプス・レクス、キマリス・ヴィダール ガンプラ製作記 <2>】脚部と胴体のフレーム製作〜三体同時製作♪

三体とも同じガンダムフレームがベースになっているので、塗り分けなどは追加パーツ以外は統一しておきます。
駆動系、回転系はスーパーゴールド、フレーム系はスーパーアイアン、パイプ系や動力系はメタリックレッドで塗装します。

同じことを同じところに淡々とやっていくのですが、筆塗りオンリーのため、同じクオリティに仕上がりません。
ま、そういうものだと割り切って製作を続けています。

_

さて、脚部のフレーム製作から始めます。
ルプスとルプスレクスは全く同じパーツ構成でしたが、キマリスヴィダールは若干違いました。

まずはルプス。


ルプスレクス。


そして、キマリスヴィダール。


ルプスとルプスレクスは同じガンダムフレーム4で同じパーツを使っているので脚部は全く同じです。

キマリスヴィダールはガンダムフレーム2を使っていますが、つま先以外は同じ構造です。

つま先が上に上がっているので、フレーム状態での自立は不可能でした(^^;;
色もルプスとレクスは同じですが、キマールだけ違います。

三体並べます。

キマールだけが足首の形状の違いで背が少し高いように見えますね。
他は色違いなだけというのがわかると思います。

胴体部分も組み立てます。
ルプスの襟の羽根状ぱーつですが、なんか野暮ったいので加工しようと思います。

内側を削ってシャープ化します。

片側を薄くしてみました。
もったり感がなくなったと思います。
続けてもう片方もシャープ化します。

ルプスの胴体パーツです。

ガンダムフレーム4のパーツをそのまま使っています。

ルプスレクスの胴体パーツです。
レクスの襟パーツはデザインが若干違うため加工不要でした。
胸部はガンダムフレーム4ではなく、追加パーツの方を使っています。
肩のジョイント部の形状が違いますが、それ以外のデザインや大きさなどは変わりませんでした。

キマールの胴体パーツです。
こちらも襟パーツは加工不要としました。

ガンダムフレーム2ですが、接合部形状、デザイン共に4と同じです。

三体並べてみます。
左からルプス、ルプスレクス、キマールです。

それぞれ微妙に違っています。
まぁ、微妙な範囲ですね。
パーツの付け替え遊びとかしやすい構成となっていると思います。

フレーム状態では見分けがつけにくいので要注意ですねぇ〜。

次回は大きく違う腕の製作から行います。
腕はそれぞれの機体で違う部分が多いので、特徴が出てくると思います。