読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

PLAMO-Blog(ぷらも ぶろぐ~ガンプラ製作を中心に~)

趣味の模型製作の記録です。「誰でもできる!簡単フィニッシュ」でのガンプラ製作の記録やレビューをはじめ、リペア(修復)の記録も紹介しています。

【HGUC RX-0 バンシィノルンデストロイモード 通常発光版 ガンプラ製作記 <5>】アームドアーマーXCの製作

HG HGUC デストロイモード バンシィ・ノルン RX-0

残りパーツもわずかとなってきたバンシィノルン。
平面のメタリック塗装に苦戦して何度もやり直しを繰り返してきました。
まだまだ手直し箇所はありますが、そろそろ組み上げを進めていきたいと思います。

今回はバックパックのアームドアーマーXCの塗り分けと組み立てを行います。
平面のメタリック塗装に水性クリアカラーでのキャンディ塗装がメインです。

_

パーツを切り出しました。
分量すごい多いです(笑)

写真を見るとキャンディ塗装にまだ大きなムラが残ってますね。。。
このムラ、実物ではわからないのです(笑)
組み上げて見て目立つようなら後ほど手直ししようと思います。

パーツの塗り分けはこんな感じにしました。
正面から見たところですが、

格子状の部分はスーパーアイアンで塗り分けています。
ところどころ少しだけ燻んだよう感じにしてみました。
元々スーパーアイアン自体がくすんだ感じの暗めのメタリックカラーなので背面のダーク感にマッチするかなと思っています。

他の部分では黒サフ塗装と成型色残しでのツートン表現としました。

こちらは背中側から見たところになります。

黒サフに成型色のツートンに加えて焼鉄色を間に挟んで見ました。
平板が重なっている感じが強調できたらいいなと思っています。

組み立てはちょっと複雑でした。

パーツを挟んで組み付け、最後に蓋をする感じです。
写真右側の黄色のパーツですが、裏側は未処理です。
ウェルドライン出まくりで、お世辞にも綺麗なパーツとは言えないですね。。。
メタリック系の樹脂で綺麗なパーツは見たことがありませんね。。。
私はどうしても気になってしまうので、塗装してしまいます。
筆塗りなので大変ですが(^^;

組み立てるとこのように。

いやー、デカイです。
存在感ありすぎですね。

ここで注意点があります。
この大きなパーツとバックパックの接続部が弱いんです。
大きくて重いパーツを細いピン一本で支えるので簡単に折れてしまいます。
今回はまだ折れてませんが先代バンシィノルンは折れました。
はめ込むだけで折れる可能性がありますので要注意です。
あとで針金入れて補強しておこうかと思っています。

本体に組み込みました。

神々しいというか、禍々しいというか。
一種独特な雰囲気になります。


ユニコーンと比べるとがっしり感が強いですね。

長くかかりましたがようやくここまでできました。
あとはライフルを残すのみです。
完成まであと少しです!