PLAMO-Blog(ぷらも ぶろぐ~ガンプラ製作を中心に~)

趣味の模型製作の記録です。「誰でもできる!簡単フィニッシュ」でのガンプラ製作の記録やレビューをはじめ、リペア(修復)の記録も紹介しています。

Twitterで呟いてます♪

【RG ユニコーンガンダム ガンプラ製作記 <1>】パッケージ開封とランナー紹介

諸々手違いあってリリースから遅れること2週間。
8月の半ばになってようやく購入できたRGユニコーンガンダム。
発売日には山のように積んであった初回パッケージ版ですが、たった2週間で売り切れており、通常パッケージもかなり少なくなってました。。。

ということで通常パッケージ版の購入です。

<!—more —>

_

それでは開封します。

思ったほどランナー数は多くない印象です。
ただ、パーツ分割は細かいですね。
ユニコーン自体が白一色状態ですのでモノトーンな印象です。
シナンジュが派手すぎたという話もありますけど(^^;

サイコフレームのランナーです。

MGでも使われてた蛍光系のクリアパーツです。
ブラックライトで黄色がかった感じで発色しますね。


アドヴァンスドMSジョイントもクリアレッドのパーツが差し込まれてます。
パーツを組み込んだ状態でランナー化するのもかなりすごいと思うんですが、さらに色分けまでされているのは驚愕。
とはいえ、初期RGのようにランナーから切り離してグリグリやるだけでフレームが出来上がるあのワンタッチ感はありませんね。
変身機構を組み込むために仕方がないわけですが。
とはいえ、ユニコーンでもアドヴァンスドMSジョイントの良さを享受できます。

白ランナーは外装パーツです。

細かく分割されてます。
また、ユニコーンモードの時にはきっちりどじる必要があるので、ゲート処理は慎重にする必要がありそうです。
残しても、削りすぎてもダメでしょうねぇ。。

白ランナーは二色あります。

やや暗めの白パーツがありますね。
この辺はRGらしさですね。
ダークグレーのパーツはフレームや武器類です。
結構ABSが使われてるようなので塗料には注意ですね。

シールは細かいです。

そして沢山あります。
シナンジュよりもはるかに多い感じですね。

さて、塗装どうしようかなぁ。
シンプルなカラーリングなのでそれはそれで悩みどころです(^^;

アマゾン