読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

PLAMO-Blog(ぷらも ぶろぐ~ガンプラ製作を中心に~)

趣味の模型製作の記録です。「誰でもできる!簡単フィニッシュ」でのガンプラ製作の記録やレビューをはじめ、リペア(修復)の記録も紹介しています。

【HGIBO バルバトス・ルプス、ルプス・レクス、キマリス・ヴィダール ガンプラ製作記 <4>】脚部外装パーツの組み込み〜三体同時製作♪

テレビ放映中の鉄血のオルフェンズもいよいよ佳境に入り、怒涛の展開となってきました。
本記事投稿時点で残り2話。
次回のサブタイトルが「マクギリス・ファリド」ということで、マクギリスの退場回となりそうです。
バエル、あまり活躍しなかったなぁ〜という印象。

もしかしたらキマリスヴィダールも次回で退場かもしれないですね。

ということで(^^;;
製作の方も進めていきます。

_

前回までで本体のフレームはほぼ完了しました。
今回は脚部外装の組み込みを行います。

ルプスとレクスですが、かかと部分に目立つ肉抜きがありますのでそこをエポキシパテで埋めてみました。

肉抜きというより、空洞整形ですね。
かかと側のフレームでだいたい隠れるのですが、埋めている部分は残念ながらとても目立ちます。
かかと側フレームを延長するようなデザインにするとかっこいいのかもしれませんが、両方同じ形に整形する自信がなかったので埋めるだけで終了(笑)

エポキシパテ硬化までの時間に、シール色分け箇所の部分塗装や裏塗りを行います。

焼鉄色の部分がシール指示でした。 結構はみ出していますが水性塗料を使っているので乾燥後に爪楊枝などで擦り取ります。
広い面はペーパーやメラミンスポンジなどで対応できます。
どうしても擦り取れない場合は爪楊枝に水性薄め液をつけて擦ると綺麗になります。
薄め液をつけているので、他の部分に侵食しないように注意は必要です。

では組み立てます。
まず、バルバトス・ルプスから。

左足側は裏塗りの状況がわかるように裏返しています。
結構内側が見えるんですよねー。

つま先装甲は二つ組み合わせになってます。

装甲側が可動しますが、可動範囲は広めです。
この可動装甲はガンダム系の伝統ですね。

つま先側を後ろから見るとこうなります。
裏塗りで締まった感じに見えますね。

かかと側を組みます。


埋めたところはそれなりになってるかな。
そもそもマジマジと見る部分ではないので、ぱっと見で自然な感じならオッケーかなと。

ふくらはぎの黄色パーツを組み付けます。

成型色のままで行こうと思っていましたが、この後、レクスを組み立てた時に金塗装することにしましたので、ルプスも後から金塗装になっています。

あとはどんどんはめ込んでいくだけです。
組み立て時に裏塗りが甘い部分などが見つかる事が多いので、その都度修正しながら組み立てていきます。


モールド部分も一部裏塗りと同じ焼鉄色で塗り分けました。
この部分に合わせ目が来ていますので、そのままくんでも目立たないと思います。

これでルプスの脚部外装の組み込み完了です。

塗り分けの線がよれていますが、表面のメラミンスポンジ処理と墨入れ、ウェザリングの時に整えます。

続けてルプスレクスを組み立てます。

かかとに追加パーツがありますが、ほぼルプスと同じパーツです。
という事で、変更箇所のみピックアップします。

かかとの外側に追加パーツがあります。

かかと側は形状はほぼ同じですが、追加パーツを組み込むためのピンが成型されています。
ダークグレーのパーツをセットしてかかとを延長してます。

かかとはルプスもレクスも赤シールなのですが、赤塗装はムラが目立ちやすく難しいので焼鉄色で塗装しています。
こんなもんだと思えば違和感はありません(笑)

あとの工程はルプスと同じなので割愛して、組み込み後の写真を。

手がでかいです(笑)
ふくらはぎ部分は金塗装をしました。
このあと、ルプスも金塗装しています。

さて、同じフレームながらこれまでの二体とは大きくデザインが異なるキマリスヴィダールを組み込んでいきます。

外装パーツはダークグレーなので裏塗り不要としました。
従って写真は片足側だけ(^^;;
いや、両脚分並べるの結構手間なんですよ〜m(__)m

部分部分に黄色パーツがありますが、ここはこのまま成型色を使うことにします。

バルバトス同様にふくらはぎ部分に黄色パーツがありますが、かなり小さめ。

それを外装でサンドイッチします。
合わせてドリルニー射出口の黄色パーツをセットします。
ほんと、アインはニー(二尉)好きですねぇ(笑)

三角の黄色パーツをセットします。
あまりにも小さいので紛失注意です。
あと、ゲート処理をきちんとしておかないと綺麗に埋まりません。
かと言って削りすぎると取れやすくなりそうなので、加減が難しいかも。

キマリスヴィダールは左右サンドイッチのため、すねあたりに合わせ目が出ます。
また、裾側はパーツが開きやすいので、接着してしまうのが無難ではないかと思います。
接着処理前ですが、組み込み完了。

黄色のパーツが映えます。
ここを金塗装にしてたら埋もれてしまう可能性がありますね。

ということで、三体並べてみます。

ルプスとレクスは同じパーツのはずなんですが、なんか違う気がします。
ポージングの問題かもしれませんが。。

最後にそれぞれのフロントリアビューを。

ルプス

レクス

キマリスヴィダール

次回はボディ部の製作に移ります。
三体同時製作なので、更新期間が開きますが、少々お待ちくださいませm(__)m