読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

PLAMO-Blog(ぷらも ぶろぐ~ガンプラ製作を中心に~)

趣味の模型製作の記録です。「誰でもできる!簡単フィニッシュ」でのガンプラ製作の記録やレビューをはじめ、リペア(修復)の記録も紹介しています。

【HGUC RX-0 バンシィノルンデストロイモード 通常発光版 ガンプラ製作記 <3>】腕の製作

HGUC ガンプラ製作記 RX-0 バンシィ・ノルン

サイコフレームの塗装、クリアー掛け、外装パーツの黒サフ塗装を繰り返しながら徐々に組み立ても行なっています。
黒サフは乾燥が割と早めなので「ながら」製作しやすいですね。

_

今回は腕の製作から行います。

腕のサイコフレームは前腕のみとなってます。
上腕はポリキャップを押し込むだけ。
それでも筒状に型抜きされてるのはすごいなと思います。


黒サフ→ホワイトシルバー→クリアーイエロー塗装まで完了しています。
ホワイトシルバーがきちんと乗っていない部分はこの時に補修しておきます。
特に合わせ目に近いところは念のためにしっかりチェックして処置しておきます。
隠れる部分でも、たまにあれ?と思うことがありますので(^_^;)

クリアーオレンジは外装パーツを仮組みしながら塗っていきます。
この辺りはパーツの密着度が高いので、塗りすぎるとパーツが浮いてしまいます。

前腕部の外装パーツに黒サフ塗装をしました。

筆ムラがありますが、布などで擦ると消えます♪
こういう部分も黒サフは便利ですね〜。

組み込んでいきます。

この時点でもすでに塗料の分で厚みが増しており、外装パーツが少し浮いた感じになりました。
見えない部分は少しだけペーパーで削り、貼り合わせました。


この状態でクリアーオレンジを流し込んでいきます。
こういう狭い部分は墨入れ感覚で良さそうです。
写真では光の反射で白飛びしているところがありますが、クリアーオレンジまで塗装済みです。

本体部分の組み立てはだいたい完了です。

手首、指はまだ成型色のままなので、どうするか検討しています。
定番は、指を焼鉄色、手甲はつや消しクリアーか黒サフでしょうねぇ〜


全体の墨入れもそろそろ考えないとですね。
ウェザリングリキッドカラーのイエローあたりを使ってみようかと思っています。

今月は気になっていた新製品をゲットしましたので、また「かけプラ」が増えると思いますが、ぼちぼち作っていきます(^。^)