【HGUC-REVIVE ガンダムMk-Ⅱ ティターンズカラー 製作記<3>】胴体と腕の組み立て。

スポンサーリンク
HGUC

今回は胴体と腕をまでサクッと組み上げていきます。
四肢のみフレーム構造ですね。
それにしても1/144サイズなので部品が細かいです。
無くさないように注意ですね〜

_

胴体ですが、何も考えずに組み立てられます(笑)
あ、でも一箇所、ここだけ。
腰のフロントアーマーは一体化されてますが、真ん中でカットして独立させます。
ま、定番ですね(^^;;


ここはポージングのためにも切っておいたほうが良いと思います。

肩周りです。
一昔前は二枚貼り合わせが主流だったと思うのですが。。
隔世の感ありですね。

パーツごとの色分けもされてて、組み立てやすいです。

腕のフレームです。
肘関節はスーパーゴールドで部分塗装してます。
可動部ワンポイントとしてのゴールド塗装は映えますよ!

さて、ここから先は一気に行きますよー。
ま、語るところも少ないですしね〜





肩との接合部のコの形は最近のトレンドなんですかね??

接合!

綺麗に見えますね。
よく考えられてます。

一旦塗装などのため外装剥がして胴体と接合。

うーん、貧相ですねぇ(^^;;

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました