PLAMO-Blog(ぷらも ぶろぐ~ガンプラ製作を中心に~)

趣味の模型製作の記録です。「誰でもできる!簡単フィニッシュ」でのガンプラ製作の記録やレビューをはじめ、リペア(修復)の記録も紹介しています。

Twitterで呟いてます♪

【RG ユニコーンガンダム ガンプラ製作記 <7>】腕部と頭部フレームの組み立てと全身フレームの完成

とうとう、RGでサザビーが発表されました!
これは嬉しいです。
見た感じVer.kaがベースになってるようですが、どんなフレームになるのでしょう?
RGユニコーンリリースからちょうど一年ですね。
楽しみです!

さ、発売までにこのRGユニコーンの製作記を完了させねば。

ということで、今回は腕フレームを組み立てていきます。

_

腕のフレームです。

アドバイスMSジョイントで一体成型されているので、点数自体は少なめですね。

手首の取り付け部は外装パーツを使います。

黒サフで裏塗りをしておきます。

このキットから本格的に「面出し」に挑戦することにしました。

試行錯誤1回目の出来栄え。。
まだまだですね(^_^;)

手首の軸受け部分は塗り分けをしておきます。

スーパーアイアンでフレーム状のモールドをエングレービングを描くように塗り分けました。
筆塗りが楽しい瞬間です♪

肘の関節部分も塗り分けを実施。
サイコフレームも少し塗り替えてみました。

メタル感が出てきたかな??

前腕部サイコフレームを袖に取り付けます。


デストロイモード移行時にスライドするので、内側の塗料が邪魔になりました。
干渉しているところはほぼ隠れているところだったので、そこだけ塗料を少し削りました。

肘関節を組み立てます。

頭部フレームを組み立てます。

小さいながらもサイコフレームがあります。
小さすぎて塗装はしていません。(^_^;)


全体をたたむとヘルメットになります。
頬部分が開閉することで顔を差し替えることができます。

頭部の中心パーツには前後にそれぞれのモードの顔がつきます。 1/144で変身ギミック搭載なのでパーツの小ささは覚悟はしていましたが、思ったほどではないです。

頭部ヘルメットを装着します。


ユニコーンモードの顔です。

腕と頭部を本体に組み付けてみます。

赤いですねぇ。
なんだかシャア専用??

肩のサイコフレームも組み立ててしまいます。

素組で組み立てるとユニコーンモードの時でも肩アーマーの内側が赤く発光した状態になってしまうので、裏塗りを行なっています。
黒サフ塗った後、水性焼鉄色を被せています。

組み立てて行きます。


肩アーマーの上部の可動部分ですが、ちょっと甘い感じがします。
ユニコーンモードの時にきちんと閉じない感じがしてます。
パーツが歪んでるのかな???

とりあえず、肩アーマーのサイコフレームも本体に組み付けます。

これでフレームは一応完成。



人体解剖図の筋肉みたいですねぇ。。

アマゾン

RG 機動戦士ガンダムUC ユニコーンガンダム 1/144スケール 色分け済みプラモデル

RG 機動戦士ガンダムUC ユニコーンガンダム 1/144スケール 色分け済みプラモデル