読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

PLAMO-Blog(ぷらも ぶろぐ~ガンプラ製作を中心に~)

趣味の模型製作の記録です。「誰でもできる!簡単フィニッシュ」でのガンプラ製作の記録やレビューをはじめ、リペア(修復)の記録も紹介しています。

【HGIBO バルバトス・ルプス、ルプス・レクス、キマリス・ヴィダール ガンプラ製作記 <1>】キットの紹介〜三体同時製作♪

↑キマリスヴィダールに同梱されていたチラシです(笑)

次はどうしようかな思っていましたが。。。

積みプラ化している上にキマリスヴィダールまで衝動買いしていまいましたので、せっかくのガンダムフレームですから三体同時製作ということで比較しながら製作を進めていこうと思います。
それぞれベースフレームとしてガンダムフレームを持ちながら、その外観はずいぶん違います。
こういう部分が鉄血系の面白さなんですよねー。

ということで、まずはキットの紹介からアップします。


_

まずはランナー構成から。

バルバトス・ルプスです。


ガンダムフレームは4でした。

バルバトス・ルプスレクス


こちらもガンダムフレーム4ですが、追加フレームパーツが結構あります。

手、でかっ!!!

フレームの成型色はルプスと同じダークグレーです。

キマリス・ヴィダール


キマリスヴィダールはガンダムフレーム2でした。

こちらはほぼパーツを使い切るようですね。
成型色は少し青みがかったダークグレーって感じでしょうか。

個人的にはフレーム色はあんまり変えて欲しくたいですね。

さて、これらのフレームの塗り分けを行います。
全てガンダムフレームですから、同じところを同じように塗り分けます。

関節のモーター部分とか、パイプパーツ、エイハブリアクターなど共通部分は同じように塗り分けます。

三体同時製作なので、同じようなパーツがありますので取り違え注意です。

ランナー構成のまま塗り分けできるところをやっていきます。
この方が固定できる分楽ですね。
ただ、組み立てるとバランスが変わるところが出て来ますので、その都度修正にはなると思いますが、今までの経験上大幅にやり直したことはありません。
全て微調整のレベルで済んでますので乾燥ブースが無い方はこの方法での塗り分けもご検討されてはいかがでしょうか??