PLAMO-Blog(ぷらも ぶろぐ~ガンプラ製作を中心に~)

趣味の模型製作の記録です。「誰でもできる!簡単フィニッシュ」でのガンプラ製作の記録やレビューをはじめ、リペア(修復)の記録も紹介しています。

Twitterで呟いてます♪

【HG IBO ヘルムヴィーゲ・リンカー ガンプラ製作記 <11>】墨入れ開始!

鉄血のオルフェンズもいよいよ終盤。
ヘルムヴィーゲリンカーは再登場するのでしょうか。。。?
カッコいい機体なので再登場してひと暴れして欲しいのですが、対MA特化型で機動力を犠牲にして一発の破壊力に賭けてる機体なので、総力戦になる対アリアンロッド艦隊戦では戦いにくそうな気もします。

再登場することを願いつつ、仕上げ作業を進めていのうと思います。

_

仕上げ作業といっても墨入れとウェザリングのみなので、大きな工作はありません。

墨入れはウェザリングカラーのマルチブラックを使います。

定着力が弱いので、何度も流し込んでいきます。
この作業中にはみ出しが発生しても気にしません。
むしろあえてはみ出させます。
半乾きくらいで拭き取りをします。
そうすると染みたようになります。

更に布でこするといい感じなマット感になります。

今回は細かいペーパー傷を残していますので、その傷に染み込んで陰影がついたようになってると思います。

こちらが処理前です。

細かいペーパー跡が見えますね。

アニメでも打痕などがリアルに描かれていますので、その雰囲気に近づけばいいなと思ってます。

顔や頭部も処理をしていきます。
金パーツや金属色のパーツにはステインブラウンなどが効果的ですね。


顔パーツが小さすぎるのでやりすぎ注意なのですが、すぐ真っ黒になってしまいます(笑)
でも定着力が弱いので少ししかしないと残りません。
なかなか加減が難しいです(^^;;

後頭部はマルチブラックとステインブラウンの合わせ技です。

明るめのパーツにはウェザリングカラーのフィルタリングリキットシリーズのシェードブルーも合うかなと思って少し乗せてみました。

いつもなら塗装剥げを演出するためにウェザリングツールの金属系を擦り付けるのですが、ナノラミネートアーマーの設定が「塗料」というこのとなのでちょっと迷っています。

まあ、簡単にやり直しがきくツールなので、試してみて設定と矛盾しない方法を探してみようと思います。