読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

PLAMO-Blog(ぷらも ぶろぐ~ガンプラ製作を中心に~)

趣味の模型製作の記録です。「誰でもできる!簡単フィニッシュ」でのガンプラ製作の記録やレビューをはじめ、リペア(修復)の記録も紹介しています。

【HG IBO ヘルムヴィーゲ・リンカー ガンプラ製作記 <1>】キットの紹介

HGIBO HG ガンプラ製作記 鉄血のオルフェンズ ヘルムヴィーゲリンカー

発売日にゲットしました、ヘルムヴィーゲリンカー。
他に現在進行形での「作り」かけプラがあるにもかかわらず、早速手を出します(笑)

鉄血系モビルスーツの中でも最もヘビーなスタイル、巨大なヴァルキュリアバスターソードなど魅力たくさんで、発表時からずっと待ち続けてたキットなのです。

この重量級のMSに見合う「重さの表現」に挑戦したいと思います。

_

さて、内容物の確認から。

インストマニュアルです。

ヴィダールの時にもレポートしましたが、英文説明も併記されています。
ワールドワイドですねー。

そういえば石動って、「いするぎ」という地名がありました。
アニメ特有の特殊な読み方かと思っていましたか、普通に読むようです。
漢字+カタカナ表記のキャラクターって火星出身が多い気がします。
石動も火星出身だったり??

話を元に戻して。
ランナー写真です。

ランナー枚数はバンシィノルンなどと比べると少なく感じますね。
グリムゲルデを作ったことがありますが、ヴァルキュリアフレームはシンプル構造なので、とても組みやすかったです。
ヘルムヴィーゲリンカーもヴァルキュリアフレームというか、元々がグリムゲルデの改装版なので、差はなさそうですね。
ランナーの中ではやはりヴァルキュリアバスターソードのデカさが目を引きます。
構えさせた時の保持力など、検証してみたいと思います。

肩など大型の外装パーツがありますので、今までやらなかった面出しなど挑戦してみようかなと思います。