PLAMO-Blog(ぷらも ぶろぐ~ガンプラ製作を中心に~)

趣味の模型製作の記録です。「誰でもできる!簡単フィニッシュ」でのガンプラ製作の記録やレビューをはじめ、リペア(修復)の記録も紹介しています。

Twitterで呟いてます♪

【日記】積みプラならぬ「かけプラ」(笑)

もうすぐヘルムヴィーゲリンカーの発売日ですねー。
これ、狙ってます。
購入したらレポートしたいと思います。

と、こうやって積みプラなるものが増えていくわけですが、我が家では実は積みプラは少ない方だと思います。

作りたいなーと思ったものしか買わないので、開けたら早速工作始めてしまいます。

毎月何らかのキットを購入していますが、完成間際で次のに目移りしてしまうため、積みプラより作りかけプラ、「かけプラ」が増えてしまいます。

_

ちなみに現在未開封のいわゆる積みプラは、

HGUC REVIVE ガンダム
RG Zガンダム3号機VerGFT
MG νガンダムVer.k.a

くらいですね。
※今週ヘルムヴィーゲリンカーが仲間に加わります(笑)

かけプラの方はたくさんありまして、自分でもきちんと把握できていません。(^_^;)

MG サザビーVer.k.a
MG 百式Ver2.0
HGUC REVIVE 百式
HGUC 高機動型ザクⅡオルテガ機 HGUC バンシィノルンデストロイモード2体目
HGUC クシャトリヤ
HGIBO ガンダムヴィダール
RG Zガンダム

ひゃーたくさんありすぎ(笑)
バンシィノルンは現在進行形ですが、他のは全て完成直前で止まってます。

原因はまあ色々ありますが、大体の場合、目移りです。
デカール破れや剥がれでモチベダウンしたところに新キット購入とか、塗装の乾燥待ちしてる間に目移りとか。。。

ヴィダールはバックパックのトップコートしようと思ったら残量足りずのまま待ちの状態。
ま、あのバインダーの肉抜きがダサすぎます。
埋めると重さのバランスが崩れるので埋めずに塗装でごまかそうと試行錯誤したままディスプレイ(笑)
背中なので正面から見えませんから、気にならなくなってしまいました(^_^;)

いかんですねー!

MG Ver2.0百式はHGUC REVIVE百式待ちになってます。
HGUC REVIVE百式はというと、金塗装の上処理を追加しています。
水性クリアを筆塗りしましたが、デカール類の上に半端に塗ると段差が目立つようになりました。
塗料の乾燥痩せですね。
鏡面仕上げをされてる方のブログなどを参考に、クリアの上塗りをしています。
鏡面仕上げまでやるとスケール感を損ないますから、面をならしていくくらいですかね。
塗って乾燥の繰り返しなので、記事にしづらくアップできていません。m( )m

クリアの上塗りというと、現在進行形のバンシィノルンでもやってます。
サイコフレームの上塗りです。
本来なら内側から発光させないといけないのですが、それやるためにはLEDを仕込んだりとややこしい改造が必要になります。
塗装で表現するには反射を利用するのが一番手っ取り早い。
ただ、メタリック塗装では色のひょうげんはしやすいですが、反射量が少なすぎる気がします。
鏡面仕上げでやるようにクリアーを重ね塗りすればいいのではと思って、試行錯誤しています。

以前にも載せましたが、黒サフ→ホワイトシルバー→水性クリアイエロー→水性クリアオレンジの状態です。

色はついていますが、反射は弱いです。
これに水性クリア(透明)を三回塗った状態がこれです。

反射量が少し増えて白とびするようになりました。
このくらいの光量だともっと白とびさせたいのであと何度か重ねて磨いてみたいと思います。
パーツが小さいので均一に仕上げるのは難しいですが、それらしくなればいいので気にせずに進めようと思います。

と、今の工程は塗装と乾燥なので、記事にしづらいので、しばらくこのようなペースとなります。

あ、でもヘルムヴィーゲリンカーが発売されるので、そっちが先になってしまうかも??

こうやってかけプラが増えていくんです。。(^_^;)

ボチボチブログなので、ご容赦くださいm( )m