PLAMO-Blog(ぷらも ぶろぐ~ガンプラ製作を中心に~)

趣味の模型製作の記録です。「誰でもできる!簡単フィニッシュ」でのガンプラ製作の記録やレビューをはじめ、リペア(修復)の記録も紹介しています。

Twitterで呟いてます♪

【RG MSZ-006 Zガンダム ガンプラ製作記 <5>】脚部外装の組み込み

RGゼータはこれから外装の組み込みを始めます。
私の技術では手を入れられる部分はほとんどなく、というか、複雑な可変機構とアドヴァンスドMSジョイントの完成度の高さのため、手を入れると逆に壊しそう(^_^;)

という事でほとんど素組のまま進めています。

_

足から組み立てていきます。
フレーム状態では自立できないですし、パーツが簡単に外れてしまいます。
無くしたり壊したりする前に作ってしまいます(^_^;)

足の外装パーツです。

足だけでこれだけのパーツ構成となっています。
小さいので組み立て後だと墨入れしにくくなるような部分はこの段階で処理をしてしまいます。

ウェザリングツールなどで予め汚しを入れておいてもいいと思います。

組み立てました。



足の裏にはモールドがビッシリです。
墨入れしがいがあります(笑)

脛、脹脛は可変機構があり、大きく変形しますので外装パーツも組み重ねがあります。
まず膝の可変部分から。


変形時に逆関節に曲がる部分ですが、曲がりながらいくつかのパーツが連動して動きます。

太もものパーツは前後合わせです。

関節の隙間がありますのであらかじめ内側から外側に向けてウェザリングを入れておきます。

組み上がってデカール貼りの後に仕上げのウェザリングを行うので、ここは軽めに処理をしておきます。

RGは小さいので組み上がってからの隙間処理がなかなか難しいところがありますから、組み上げ前にやれるところはやって置いた方が無難でしょう(^_^;)

膝当てを取り付けます。

脹脛の内側の青色の枠を取り付けます。

これが事実上のヒザ関節になります。

ゼータは複雑です(笑)

足首側のフレームにスラスターを取り付けます。


成型色は赤でしたが、MG2.0でも金塗装しましたので同じように外枠を金塗装しました。

足首を脹脛へ取り付けます。


足首側はフレームと言っても枠でしかないので、脹脛側の溝に沿って嵌め込むだけです。

では、膝を動かしてみます。
まずは順方向。

ある意味二重関節になっています。

そして逆方向。

逆方向に曲げた時に若干足首の枠の部分がスライドして伸縮しています。
芸がこまかいですね〜^_^

外装パーツを組み込んで行きます。
スラスター枠の黄色のパーツもあらかじめウェザリングしておいたほうがいいとおもいます。


黄色は成型色のままだと本当に安っぽいのですが、ウェザリングするだけでずいぶん良くなる気がします。

他の外装も組み込んで行きます。
脹脛上の段から。

そして下の段。
複数のパーツを重ねることで機械的なリアルさを表現しようとしています。

しかし、1/144でここまでやって破綻しないとは。。。
すごいなとつくづく感心します。

これで自立できます(笑)

RG 1/144 MSZ-006 ゼータガンダム (機動戦士Zガンダム)

RG 1/144 MSZ-006 ゼータガンダム (機動戦士Zガンダム)