PLAMO-Blog(ぷらも ぶろぐ~ガンプラ製作を中心に~)

趣味の模型製作の記録です。「誰でもできる!簡単フィニッシュ」でのガンプラ製作の記録やレビューをはじめ、リペア(修復)の記録も紹介しています。

Twitterで呟いてます♪

【MG MS-09R リックドム ガンプラ製作記<3>】腕部製作と全身フレームのレビュー

今回は腕を組み立てています。
胴体の製作過程の写真がないので、フレーム状態ですが全身像も公開します。(笑)

割と構造的にザックリしてるので、非常に組み立てやすいです。
この時期のMGは、ギャンやズゴックなど良作が多い気がしますね。

_

肩から二の腕と肘関節にあたる部分です。
デカイですが、ザックリ(笑)

肘関節は二重関節になってます。
合わせて前後方向にほんの少しだけ動きます。



ほんの少しだけ動いているのがわかりますかね??
どでかいビームバズーカを持たせるときにこのスイング機構が効きます♪

手を組み立てていきます。
大味でザックリな印象(思い込み)で作っているこのキットですが、指は細かい(^^;

全指が独立可動です。
最近は三指固定が多いので、逆に新鮮でした。

さて、胴体製作、、、なのですが、写真が残ってませんでした。
ザックリ感満載のまま、ザックリとフレーム完成(笑)


顔フレームはこうやってみるとスコープドッグみたいに見えます。
それにしても貧相なスコープドッグ(^^;

マスクをはめてみます。

貧相さに拍車がかかりますね(笑)

腰はボールジョイントです。
かなり動く感じです。

ドムはとにかく動かせない印象が強いのですが、あちこちに細かい調整がしてあって可動域は広めだと思います。
少なくともMGザクⅠよりは動きます。
でもギャンには敵わないな〜。

最後に背面を。

リックドムは宇宙戦用に改修されて、スラスターが増設されています。
こうやってみても迫力すごいと思います。

次からは外装を組み込んでいきます。
合わせて汚しとダメージ表現も実施していきますᕦ(ò_óˇ)ᕤ