【雑記】ブログサイト移転のご挨拶と「ガンプラ転売問題」に思うこと

スポンサーリンク
WordPress
スポンサーリンク

はじめに。ブログ移転のごあいさつ。

実は思うところありまして、ブログ自体の移転を行っています。
何を思ったか?というとこですが、Wordpressを触ってみて「面白いなー」と思ったのがきっかけでした。
ITエンジニア業を生業としているんですが、私、プログラミングやったことないんですね。
正しくはやっていましたが30年近い社会人人生でほんの3年程度です。
CとかCOBOLとかが全盛だった若いころです。

20代、苦闘の日々

元々プログラマ志望だったのですが、やってみるとこれが全く自分に合わない。
それに当時はほとんどの企業が今でいう「ブラック企業」に抵触する労働環境でして、私も心身を壊しそうになりました。
好きな音楽活動も模型の製作もやめてしまっていた時期ですね。
まったくの無趣味状態でした。
その後、たまたま舞い込んできた派遣の仕事がネットワーク系のお仕事でした。
インターネット黎明期、Windows95がリリースされる直前でした。
それから今までコードを書いたことがありません。
ITインフラ系エンジニア職-
これが私にとっての救いとなり転職となりました。
心身の安定から仕事の安定を得た私は趣味の活動を徐々に再開。
音楽活動をきっかけに結婚、長女の出産で嫁さんが実家に帰省して自宅で一人の生活になったときにふと思い立って20年以上ぶりに模型(ガンプラ)の製作を始めました。
長女の時が「MG2.0 MS-06J ザクⅡ」
長男の時が「MG YMS14 ギャン」
次女の時が「MG2.0 MS-15 ゲルググ(量産型)」
今も私の自室の棚に飾ってあります。
※ギャンはディティールアップを目指したエナメル塗料での墨入れに失敗、ABS破損でバラバラになりましたが無事すべてパーツ請求せずに修復し、今も現役ですw

そんなこんなで趣味の発信を。

WordPressはずいぶん前から知ってましたが、CSSでコード書いたり面倒だしなーと思ってあまりタッチしてきませんでした。
ただ、せっかくやってる趣味をいろんな人に見てもらいたいという思いはあって、鍵付きFacebookでちょいちょい製作の記事上げていたらもう一つの趣味であるバンド活動の時に読んでくれていたライブハウスのオーナーさんの声掛けでライブハウスに作品を飾ってもらったり。
情報発信がいろんな趣味を結ぶんだ、とうれしくなって「はてなブログ」の無償版で始めました。
色々学んでいくうちに独自ドメイン取って有償版である「はてなブログPRO」へ移行、3年ほど地味に運営してきました。
最近、友人の勧めもあってWordpressを使ってみることにして、テストサイトとして
PLAMO-BUILDERS」という本ブログのサマリサイトを作ってみたところ、自由度の高さや簡便さにはまってしまい、ドメインRe-press.comの有効活用もあって移転をしました。
はてなブログさん、お世話になりました。(まだ使いますけどw)

コロナの影響

音楽も模型も細々と続けてきたのですが、ここにきて新型コロナウィルス感染拡大からの世界への影響を私ももろに受けることになりました。
音楽活動は基本自粛。やろうと思えばやれるのですが、メンバーだけでなくお客さんも巻き込んでしまいかねないので泣く泣く自粛。
そうなるともう一つの趣味「模型」に気分が映るのですが、ここ1年くらい新製品の入手が困難になりました。
生産量が減ってるのかな?くらいに思っていたのですが、RGジオングは予約すら瞬殺で終わってしまう状況。
調べてみると「転売目的での買い占め」が問題になっているようで。。

そして、突然買えなくなった・・・。

私が模型を変えなくなった時期はHGUCバウンドドックの頃でした。
そもそも「好きなものしか買わない、作らない」をモットーにしているのであれこれ買い求めることがないので影響を感じていなかったのかもしれません。
新製品発売日に買いに行ったのはRGνガンダムで、すんなり入手出来ていたのでバウンドドッグも楽観視してましたが、箱すら見かけることができませんでした。
RGジオングは気合一発、予約を狙いましたがこちらもあえなく撃沈。当然発売日に買えるわけもなく、すごいショックでした。

「転売問題」に思うこと

昔から「せどり」という手法はありました。
入手が難しい商品を探して購入し、ほしい人が入手できるように転売するという方法です。
「書籍の背表紙を見て取り置きする」ことから「せどり」と名付けられたそうです。
せどりはほんとに便利で、遠い地域でも入手できる可能性を拡げてくれる、すごく助かるやり方でした。
これも転売の一つであるけれども多くの人の利益になっていたと思います。
だから「転売」自体が悪と思いたくないんですよね。。。
でも今の「転売」はさすがにやりすぎではないかと思います。
「必要な人に届くように」転売していたせどりとは違って、「転売時の価格つり上げを目的とした」転売で、普通ならお店に行けば買えるものが、本当に必要としている人が買えない。
コロナ初期のころのマスクと同じですね。
マスクは全国民が絶対に必要としていたものなので社会問題になりましたし企業も行政も歯止めを掛けに動きました。
趣味の世界の製品たちは全く見向きもされません。
それは生活必需品じゃないといえばそうかもしれませんが、それらを必要としていて拠り所にしている人もいるんです。

「自分の身は自分で守る」の積み重ね

メーカーも行政も手が打てないのが現状であるならそれを簡単に受け入れる・・・わけにもいかないですよね。
欲しい物は欲しいし、諦められないものは諦められません。(いくつになってもw)
であるなら、やはり「悪質な転売屋からは絶対に買わない」
これを地で行くしかないと思っています。
利益が出るから悪質な転売を続けるのであれば利益が出なくなれば良い。
悪質な行為は不利益になるという「青臭い正義」で戦うしかない。
それしか私たち一般市民は武器がない。
結局「自分自身の身は自分自身で守る」しかないんだと思います。
公助、共助、自助が話題にありましたが、行きつくところ、最後の砦は自助しかないのです。
「悪質な転売屋から買わない」これをもっと多くの一人一人が実践して積み上げ、利益を出させないようにするのが問題解消の近道ではないかと思うのです。

撃沈し続けたRGジオング、二度目の再販で買えました!

予約もできず、発売日にも変えず、ガンダムベース福岡に入荷したとの情報で行ってみたらすでに売り切れ、初回の再販も涙をのんだRGジオング。
ネット通販に並ぶ悪質転売屋を恨みに思いながらぐっとこらえて二度目の再販日についに入手できました。
無印キットが悪質転売屋では1万5千円の根が就いていましたが二度目の再販まで我慢したおかげで悪質転売や価格より3分の1の店頭価格(定価2割引き)で買えました。
1万円以上棒に振らずに済んだことになります。(これが普通なのですが)

ここで声を大にして言いたい。
悪質転売屋との戦いは我慢比べです!
私たちが我慢している間にメーカーさんにはどんどん再販流通させていただくことで、悪質転売屋の利益を奪ってください!
悪質転売屋さんが買うことでメーカーさんの利益にもなるでしょう、でも我々が我慢することで転売屋の在庫が彼らの利益を圧迫します。そうしたら市場にも流通してくると思います。
発売日から店頭に並ぶまで時間がかかってる・・
それくらいの大きな気持ちでいるのが精神衛生上も良いのではないかと思います。

「悪質転売屋から買わない!絶対!」



コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました