PLAMO-Blog(ぷらも ぶろぐ~ガンプラ製作を中心に~)

趣味の模型製作の記録です。「誰でもできる!簡単フィニッシュ」でのガンプラ製作の記録やレビューをはじめ、リペア(修復)の記録も紹介しています。

Twitterで呟いてます♪

【RG シナンジュ ガンプラ製作記 <9>】脚部組み立てと裏塗り

みなさま、毎度ご訪問ありがとうございます!

RGユニコーンの発売も迫って来ました。
それまでには完成にこぎつけたいなと思っています(^-^;

脚部の外装を組み込んでいきます。
あわせてサイコフレームの追加配置も行います。
シナンジュはインテンションオートマチックシステムのためのサイコフレーム配置ということで、関節などの可動部、スラスター類の推進器部を中心に追加しています。

素立ちの時には見えないような工夫もしています。

グロスインジェクションの艶ってバイクのカウルっぽいんですよね。
グロスインジェクションのツヤを活かしたウェザリングも考えたいと思ってます。

_

脚部のパーツたちです。

片足分ですが、これだけの分量(^-^;
MGよりも展開ギミックが多いですね。
フレームを一旦バラして組み立てていきます。

パーツが小さすぎて無くしそうなので、膝のエングレービングから。

パーツ左側になんとか視認できる黒いパーツをはめ込みます。
エングレービングは以前にも書きましたが、メッキを落として黒サフ→スーパーゴールドで塗装しています。
できるだけエングレービングに沿うように塗装しました。
メッキのままだと不要なところまで金色になっているのでちょっとおかしいかな??と。

片側だけはめ込みました。

ちょっとエングレービングが出すぎてる感じがしますね。
個人的にはもう少し低い方が好きかな。
ま、今更削りませんが(笑)

両方組みます。

黒パーツとエングレービングの間の隙間が微妙(^-^;
近づかないとわかりませんが(^-^;

同じパーツの後ろ側です。

元々の金メッキではこの黒い部分も金色でした。
でもこの場所は組んだ後にも目立つ場所です。
エングレービングは線画ですので、線を生かすためにもこのように不要な面は全て黒塗装としておきました。
下地の黄色の部分ははめ込み箇所なのでそのままにしています。

スネ部のダクトをはめ込みます。


元々は黄色の成型色パーツでした。
これもグロスインジェクションのツヤがありましたが、金属色にするため、黒サフ→GXレッドゴールドで塗装しています。

太ももとパーツは前後ではさむだけ。

付けた擦り傷がうっすらと見えますね。
ウェザリングかけた時にどうなるか、ドキドキです(^-^;

スネ側外装と、ふくらはぎ側のスラスターフードを取り付けます。
スラスターフードは裏塗り済みです。

膝下脚部の左右外装を組み込みます。


写真は左足ですのでこちら側が外側になります。
開口部はフレキシブルスラスターが取り付けられる部分ですね。

内側も同じ構造なので、同じところに開口部があります。
ここは別パーツで塞ぎます。


MGでも同じ構造でした。
確かに内外で同じ、左右でも同じなら金型を効率化できますもんね。

足のアーマーを取り付けます。
このパーツも裏塗り済みです。

膝のエングレービングパーツを組み込みます。

膝の外側パーツです。
スラスター部分も一体成型でしたので、塗装しました。

黒サフ→GXレッドゴールドで塗装しています。
面相筆細で特に裏技などはなく、正攻法で少しずつ塗りました。
この細かい部分でなかなか良く塗装できたと思います(^ ^)
組み込むとこんな感じ。

可動部のチェックをしてみます。

連動して可動するため、外装パーツには気をつけるように書いてありました。

膝曲げしてみます。

膝パーツが連動してスライドします。
この写真では膝の下側が主に曲がっていますが、実はもう一段、上側も曲がります。

この状態でサイコフレーム発光部が見えるようになります。

脚部のフレキシブルスラスターを組み立てます。
外装パーツは裏塗り済みです。

この外装は開く構造になっています。
MGでは開かないので、追加ギミックになりますね。
仮組みしながらサイコフレームも配置しました。
うっすらグリーン系の色が見えると思います。

中心の外装を取り付けます。

通常状態です。

展開するとこうなります。

サイコフレームはうっすらと緑ですが、ブラックライトを当てるとこうなります。

蛍光塗料が反応してます。
ブラックライトをやめると、蓄光塗料が燐光します。

なかなかいい感じ♪

では脚部に取り付けます。

アームの内側にもサイコフレームを配置していますので、フレキシブルスラスター可動展開時にブラックライトを当てると燐光してくれると思います。

本体に取り付けました。


マスターグレードと比べると、ややがっしり感がありますね。

今回は結構裏塗りしたのですが、裏塗りしたパーツの成型色が締まった感じに見えます。
プラの光の透過を遮断している感じになりますね。
裾などはフチまで裏塗り塗料で塗装しているところがあります。
なかなか締まった感じになりますので、裏塗り侮れません(^ ^)

アマゾン