読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

PLAMO-Blog(ぷらも ぶろぐ~ガンプラ製作を中心に~)

趣味の模型製作の記録です。「誰でもできる!簡単フィニッシュ」でのガンプラ製作の記録やレビューをはじめ、リペア(修復)の記録も紹介しています。

【HG-REVIVE MSN-00100 百式 ガンプラ製作記<5>】肩と脚部の外装組み立て

HGUC ガンプラ製作記 REVIVE 百式

MG百式のフレームがほぼ完成しました。
金以外の外装パーツにデカール貼りを行なっている間にHGUC-REVIVEの進めていきます。

前回まででフレームにあたる部分はほぼ完了しました。
今回から金色外装パーツを組み込んでいきます!

_

腕を本体に取り付けたいので肩から製作します。
肩はほとんどが金色外装パーツで構成されています。


見えそうは部分は裏塗りを行います。
「百」のデカールの上から水性クリアーを筆塗りしています。
もう少し厚く塗って研ぎ出しすれば綺麗なんでしょうけど、どうもうまくいかないんですよね。。。
ネットで調べて工程通りやっても綺麗にならないので、研ぎ出しは諦めました。(笑)


フレームのみだと腕細すぎですね(笑)

足先の外装パーツを組み込んでいきます。

ここもしっかりはめ込んでいくだけですね。


このデザイン、ユニコーンに繋がってますかね??
つや消しトップコートを吹き付けてある足の赤パーツとの色調の差が出てきてます。

スネ、脹脛部の組み込みをします。
その前に裏塗りを行いました。

スラスター開口部は塗らなくても目立ちませんが、スネ側のアームの部分は裏塗りをしておいたほうがいいと思います。
ここは水性の焼鉄色です。

組み込んでいきます。

太ももは何も考えずに組み込めます。

合わせ目はモールド部分にきますので、貼り合わせさえきちんとできれば綺麗になります。
でも、ゲート跡の処理を気をつけないといけませんね。
ゲート跡が邪魔をして貼り合わせが綺麗にならないこともあります。

脚の残りパーツをはめていきます。
膝とふくらはぎ下です。

外装パーツ組み込みが始まったらあとは一気ですね〜。

HGUC 200 機動戦士Zガンダム 百式 1/144スケール 色分け済みプラモデル

HGUC 200 機動戦士Zガンダム 百式 1/144スケール 色分け済みプラモデル