読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

PLAMO-Blog(ぷらも ぶろぐ~ガンプラ製作を中心に~)

趣味の模型製作の記録です。「誰でもできる!簡単フィニッシュ」でのガンプラ製作の記録やレビューをはじめ、リペア(修復)の記録も紹介しています。

Twitterで呟いてます♪

【MG MS-07B グフ Ver2.0 ガンプラ製作記 <2>】フレームの製作

グフ、続けます。
シールドの処理がまあまあうまくいきましたので、気分良く本体の製作に取り掛かります。

あまり製作写真がありませんので、駆け足になってしまいますが、フレーム自体はザク2.0とほぼ同じフォーマットですので、06R-2などの記録を見ていただければと思いますm( )m
とはいえ、グフ用にデザインが微妙に変えられてるところもありますので、そこを中心に記事を書こうと思います。

_

まず、脚部フレームから。

太もものフレーム形状がザク系と違いますね。
ザク系は曲面ですが、グフは角ばっています。
デザインに合わせてフレームも改修されているところが憎いですねぇ。


フレームもグフの本体色に合わせてメタリックブルーで塗装して見ました。
これはガンダムマーカーですね。
案外いい色合いなんですよ(^^)

塗装面が結構デコボコしています。 ガンダムマーカーは塗料が一気に出ることがあって、タレるんですね。
シリンダーはメッキシルバーと水性のカッパーを使いました。
水性のゴールドはちょっとイマイチで、カッパーのほうが綺麗でしたので(^^;

ふくらはぎあたりも塗り分けました。 外装で見えなくなりますが(笑)


ザク系と大きく違うポイントの一つがボディですね。
シートは水性カラーで塗り分けてます。
肌色系とココアブラウンですね。

合わせて背面も塗り分けてます。

ガンダムマーカーって、こういう細い筋塗りがしやすいんですよね。
この時の経験が後々のシナンジュやクシャトリヤのエングレービング塗装に生きてます♪

ザク系と大きく違うポイントはやはり顔。

ものすごい馬面です(笑)
フレームのダサい感じがかっこいいグフになるとは。。


フレームの全体像です。
ザク系と良く似ていますが、やはりグフの方が尖った感じがあります。
似てるけど違いがはっきりわかるところはザクとは違う!わけですね(笑)