読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

PLAMO-Blog(ぷらも ぶろぐ~ガンプラ製作を中心に~)

趣味の模型製作の記録です。「誰でもできる!簡単フィニッシュ」でのガンプラ製作の記録やレビューをはじめ、リペア(修復)の記録も紹介しています。

【MG RX-78 Ver3.0 ガンダム 製作記<2>】脚部の製作

コアファイターでひとしきり遊んだら脚部から組み立てを始めます。
脚から組み立てると、机に自立させておけるので常に目に入ります。
放置予防になります(^^;;

箱に片付けるのがいいんでしょうけど、それだと何もしてなくてもいつの間にか飽きてしまってるんですよね。

そうやって積みプラが増えていくのを防止しています(笑)

_

Ver3.0は基本フレーム構成です。
これまでの2.0シリーズで培われた内部構造のデザインと、そのデザインを最大限生かすための可動ギミック。
そのため、関節部分はかなり込み入ってます。
が、複雑な可動の割に組み立てやすいキットでした。

まず、ひざ関節。

フックみたいなのを嵌め込むんですが、この時点では何かわかりませんね。。


ひざ関節のはずでなのです(^^;;


スネを取り付けたところです。
右側がスネですね。
白いパーツは膝下にあたる部分と思います。

他にも細かいパーツを組み付けていきます。
ひざの可動に合わせてスライドするなどの機械的な動きが表現されるようですね。

これは膝裏に組み付けるパーツなのですが、ここはホイルシール指示でした。
一度貼ってみたのですが、横から見たときに下地色が見えてしまってイマイチ感全開だったので、塗装に切り替えました。

超苦手なマスキングなんかしたのですが、やっぱり苦手(^^;;

ま、なんとか塗装して、

及第点。。。か?

これで脚部のフレームは完了です。

「この時期は見えないところは何もしない」から「少しでも見える可能性があるところも処理をする」方向への転換期なので、ハンパな部分も多いですね〜
でも、キットの良さに随分救われている気がします。