PLAMO-Blog(ぷらも ぶろぐ~ガンプラ製作を中心に~)

趣味の模型製作の記録です。「誰でもできる!簡単フィニッシュ」でのガンプラ製作の記録やレビューをはじめ、リペア(修復)の記録も紹介しています。

Twitterで呟いてます♪

【RG シナンジュ ガンプラ製作記 <15>】シールドマウントの改修

皆様、ご訪問いただきありがとうございます。
リアルグレードとはいえ1/144サイズだといろいろ難しいところはあるようで、それなりに改修点はあります。
ただ、ほとんどがあまり気にならない部分でありますが、今回のRGシナンジュはどうしても気になるところがあり、思い切って改修することにしました。

改修点はシールドのマウント部分です。

_

シールドのマウント部分、シールド側の受けがかなり出っ張っていること、そしてマウントアームも割と大きめなので腕とシールドの隙間がかなり開く感じになってしまいます。

実際組んでみるとこんな感じになります。

パケ画やパチ組作例写真でかなり気になるポイントでした。
シールドが離れてしまうことで締まりが無い感じがしてしまっていたので手を入れることにしました。

シールドアームのジョイント部を切り抜きます。

この部分は再利用するので、丁寧にカットします。
BMCタガネを使ってスジボリするように削り取りました。



切断面はペーパー掛けなど行って綺麗に慣らしておきます。

シールドのオモテ面側の内側にエポキシパテを埋め込みます。

切り取った接続部をエポキシパテに押し込んで接着するのですが、この状態でもシールドが離れています。

写真は一度処理をした状態です。
これでもまだ離れていますので、この後範囲を広げてもう一度切り抜き、ジョイントアーム自体がシールドに埋まるようにしました。


隙間を埋めようか迷いましたが、重くなるのが嫌でしたのでジョイントアームで隠れない部分だけ処理をしています。
シールド、かなり重くなるので少しでも軽くしたいのです(^^;;

マウントするとこのように。

肩のスパイクアーマーが結構広がった状態なので割と干渉してしまいます。

でも広がった状態よりマシかなと思います。

ホンネ言うと、もうあと1〜2ミリくらいは縮めたいんですがね。。。
それでもノーマルよりマシになったと思います。
シールドが腕に近づいたせいなのか、重心バランスもほんの気持ち改善された感じもしますね。

アマゾン