読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

PLAMO-Blog(ぷらも ぶろぐ~ガンプラ製作を中心に~)

趣味の模型製作の記録です。「誰でもできる!簡単フィニッシュ」でのガンプラ製作の記録やレビューをはじめ、リペア(修復)の記録も紹介しています。

【リペア記録:HGBFビルドバーニングガンダム、サンダーボルト版フルアーマーガンダム】

今回のリペア(修復)は息子のガンプラです。

折しもビルドファイターズトライ絶賛放送中だった時に購入~破損したものです。

HGBFは共通関節で構成されているため各パーツの組み換えが容易なのですが、その分破損しやすい傾向にあるのかもしれません。

 

今回は2つとも関節部分を破損しております。

これを見た目も可動もそして強度UPまでできれば、って感じでトライしました。

ちょっと前のリペアで、記録写真が残ってなくてわかりにくいかもですがよろしければ御覧ください。

 -

ビルドバーニングガンダムの膝破損です。

膝の差し込みが平べったくなっているのですが、横から大きな負荷がかかったんでしょう、ポッキリ折れてました。

f:id:ashana07:20150729123826j:plain

 

折れた部分にピンバイスで穴を開け、針金を通します。

f:id:ashana07:20150729123827j:plain

 

私は「針金」ではなく「ゼムクリップ」を切って使用しています。

加工しやすく、太さもちょうどいいし何より安く大量に入手できますので重宝しています。

f:id:ashana07:20150729123828j:plain

療法を差し込み、瞬間接着剤で固定します。

瞬間接着剤も強度が担保できるわけではないのでしばらく遊んでいると剥がれるのですが、針金の両端共に剥がれることはほとんどなく、スグ差し込んで使えるようになります。

金属が入る分強度的にも強くなりますので、この後この部分は破損せずに今に至ってます。

 

次も同じくビルドバーニングガンダムですが、今度は肩の付け根です。

f:id:ashana07:20150729123829j:plain

ボディに埋まっている赤い球体は元々は肩側についていたものでした。

この部分も両側にピンバイスで穴を開け、針金を通します。

瞬間接着剤では強度が保てなかったので、「プラリペア」を使用しました。

これで強度的にもグリグリ動かして大丈夫になりました。

 

さて、最後はサンダーボルト版FAガンダムです。

股関節の破損です。

f:id:ashana07:20150729123830j:plain

ピンバイスで折れてない方の軸の奥まで穴を開け、折れた部分まで針金一本通しました。

股関節は各方面から負荷がかかるので、健常な軸も含めて全体で強度を保持するのが目的です。

写真は処理後のものです。

ここもプラリペアを使って接着しました。

 

こんな感じでちょこちょこ修理しており、まだ一体も処分していません。

再生不能になったらパーツ取りにすると思います。

修理しているところを子供に見せることで、モノを大切にするということを教えてあげれたなと思っています。

伝わっているかどうかはわかりませんが。。。。(^^:

 

ちなみにプラリペアはこれ。

 匂いが強烈なので換気にご注意を。。。

武藤商事 プラリペア クリアー PL16C 【HTRC 3】
 

 

このプラリペアを使ってスーツケースの割れを修理しました(^^;