読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

PLAMO-Blog(ぷらも ぶろぐ~ガンプラ製作を中心に~)

趣味の模型製作の記録です。「誰でもできる!簡単フィニッシュ」でのガンプラ製作の記録やレビューをはじめ、リペア(修復)の記録も紹介しています。

Twitterで呟いてます♪

【リペア記録:HGUCゼータガンダム】ブレードアンテナの再生

息子用(現在保育園児)に買ってあげたHGUCΖガンダム

パーツ差し替えですが、ウェーブライダーへ変形できますし、MS,WRどちらの形態でもとてもスタイリッシュでカッコイイ。

息子の大のお気に入りでガシガシ変形させたり、他のHGシリーズと戦闘ごっこやって遊んでいます。

 

ガシガシ遊ぶと発生するのが破損ですよね。

ガンダム系は特にブレードアンテナの破損が多いと思います。

もちろん、ただ折れただけだと瞬着とかでくっつければいいのですが無くなった場合が問題。

今回は無くしてしまったブレードアンテナを再生した「リペア記録」です(^^;

 

 -
 

f:id:ashana07:20150729105609j:plain

 アンテナ二本がポッキリいってます(T_T)

ランナーなどから切り出して作ろうかと思ったのですが、あまりの小ささに正直泣けてきまして、別の方法を探ってました。

 

そしたら良いアイテムがありました!

それがコチラ。(広告貼ってスミマセン)

 

造形補修剤 プラリペアキット PK-16 透明

造形補修剤 プラリペアキット PK-16 透明

 

 

武藤商事さんの「プラリペア」と「型取りくん」です。

プラリペアはアクリル系(?)の粉末と溶剤のセットで、粉末に溶剤を掛けると速乾で硬化する接着剤みたいなものです。

これ、かなり強力に硬化します。

瞬間接着剤とは違い、素地に食い込んで一体化するのでほぼ元通りに修理できます。

本来は修理用なのですが、「型」に流しこむことでパーツ自体をまるっと復元できるとのこと。

早速、同社の「型取りくん」を使ってパーツ再生に挑戦しました。

 

型取りくんはお湯で柔らかくなります。

冷めると硬化するので、柔らかいうちにパーツの型取りを行います。(ヤケド注意!)

 

パーツを紛失しているので、現在生き残ってる左側の二本を型どりし、これから削りだしてパーツを作ります。

f:id:ashana07:20150729105610j:plain

本当ならバラして型取りしないといけないのですが、他のパーツまで破損しそうだったので顔ごと型を取ってます。

 

ある程度硬化したら剥がします。

完全硬化してしまうと剥がれなくなりますし、逆に柔らかすぎると歪んだりしますのでタイミングが大事です(^^;

f:id:ashana07:20150729105611j:plain

何度か歪んだりして失敗したのですが、なんとか型が取れました。

このウチ画面左側のアンテナ部分を使います。

 

プラリペアを流し込んで硬化させ、型から外します。

f:id:ashana07:20150729105612j:plain

なんだかわからない塊です(^^;

これを削りだすのですが、プラスチックよりも硬いので手間かかりました。

左側パーツからの型抜きなのでこれを右側用に整形して本体に貼り付けます。

接着もプラリペアを使います。

素地も再生パーツも少し溶けますので、はみ出したところをデザインナイフで整形します。

 

f:id:ashana07:20150729105613j:plain

仕上げ前ですがそこそこな感じになったと思います♪

 

仕上げ後、塗装して完成

f:id:ashana07:20150729105615j:plain

遠目ではわかりません、多分(^^;

この後、この完成状態でパーツを型どりして予備パーツを作りましたww

 

作業時間はだいたい90分位ですね。

型取り~パーツの切り出しまでは試行錯誤の連続でした。

でも手順がわかるとあとは一気です。

ただ、この作業、あんまりやりたくないなぁ。。。

保育園児は加減がわからないですから仕方がないかwww